2016年10月06日

茶色い枝豆は当たりです

篠山市内は、いよいよ丹波篠山黒枝豆のシーズンに突入です。解禁日からイベントや、道端での販売のテントがあちこちに出始めました。今週末はお天気がいまいちの予報ですが、当園も販売を予定しています。
作業の都合で不定休ですが、お近くの方はぜひに。篠山市のホームページにある販売店一覧の中に位置を掲載いただいています。

今週末頃より、ご予約頂いている皆様へ順次発送いたします。
下の写真は、我が家で「当たり」と呼んでいる茶斑の出ている莢です。
見た目が悪いと思われがちですが、丹波黒本来の品種の特性で、品種改良されていない在来種である証拠です。
28年丹波篠山黒枝豆の茶色い莢

毎年10月になると毎日枝豆を食べる我が家ですが、この茶斑のある莢が特に風味が強く美味しいのです。
最近の品種ではこのシミのような模様が出ないように改良されたものもあるそうですが、篠山市内では昔からの系統を引き継ぐ種子が大切にされています。
ただ、同じ篠山市内の中でも、地域や生産者ごとに味に差があります。
10月のうちでも、上旬からだんだんと風味が強くなり、黒豆に近づいていきます。
1日に作業できる量が限られており、月末までには完売となる事が多いので、ぜひお早めのご注文をお待ちしております。
posted by 星のこぐま at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) |

2016年09月30日

丹波篠山黒枝豆 試食

夏野菜も終盤の時期になり、いよいよ明日から10月です。
大雨や日照不足の続く中、なかなか作業が進まない秋冬野菜の播種や定植にも追われつつ、間もなく始まる丹波篠山黒枝豆の収穫に向けて準備しています。

篠山での解禁日は10月5日ですが、上旬のうちはまだ莢が薄く十分に膨らんでいない実も多いです。
今日9月30日時点での試し掘りした株の写真です。
もう食べられる位に膨らんでいる莢もありますが、平らな莢もまだまだあります。

28年丹波篠山黒枝豆9/30

今のところ莢への虫害も少なく、莢の数もまずまずのようです。待ちきれない当園の子どもたち、いえ、大人も手を次々のばし、試食しました。「まめ!まめ!」数年前の上の子と同じ言い方で、下の子が言っています。今年もちゃんと風味が出てきています。

今年も楽しみ!とご予約いただいている皆様へ、美味しい枝豆をお届けできるよう、
味についてはひとまず安心ですが、先日からの大雨でまだまだ水分が多いところへ今もまた雨が降り、来週には台風の影響も、、、雨が降らないのも困りますが、降りすぎるのもまた困りもの。自然の中では、無事であるように願う日々が続きそうです。

posted by 星のこぐま at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) |

2015年09月30日

丹波篠山黒枝豆 試食

いよいよ明日から10月ですね。
今年もたくさんのお客様にご予約をいただき、ありがとうございます。
おかげさまで、特に中旬時期お届けは人気ですので、ご希望のお客様はお早めにご連絡くださいませ。

今年の篠山は例年より早く、9月上旬から朝晩の気温が下がり、寒暖差がはっきりしています。
株全体としてはまだ膨らみかけの実の方が多い丹波黒ですが、少しだけ早めに膨らんだものを味見しました。

2015年丹波黒枝豆 試食

毎年家族で1人ほぼ1莢ずつですが、楽しみ半分、どんな味かドキドキ半分の瞬間です。
ちゃんと甘みがありました。まだまだ若い風味ですが、いつもの味にほっとひと安心です。

昨日は朝一番から家の裏手でサルの声がして、当園の主はすぐに威嚇に出動していました。
毎年この時期にやってくるので、優れた感覚には驚かされますが、畑に侵入されれば被害が大きいので、毎日情報を確認したり、注意しています。

あと1週間程で、発送を開始の予定です。慌ただしくなってきましたが、張り切って準備していますので、どうぞお楽しみに!
posted by 星のこぐま at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) |

2014年09月23日

丹波篠山黒枝豆 試食

9月もいよいよ終わりが近づいてきました。
しばらく晴天が続き、畑の土はカラカラで明日から待ちわびた雨といいたい所ですが、台風の大雨とは、、、心配と隣り合わせになりそうです。

畑の丹波黒は徐々に実が膨らみ始めています。ほんの少しずつ、家族で試食してみました。

26年丹波黒 味見

まだまだ若く、莢も豆も緑色ですが、今年もちゃんと甘みがあり美味しい!と、親子で争奪戦になりました。
1人ほぼ1莢ずつの試食は一瞬でしたが、美味しい枝豆に育っておりホッとしました。
これからより粒が膨らみ、甘みや風味が一気に増してきます。

昨年までは篠山市の解禁日頃よりお届けしておりましたが、天候等により解禁日ではまだ充実していない実が多い為、今年からはもう少し遅く10月7日以降、豆の粒がしっかり膨らんでからお届けいたします。
10月だけの美味しい枝豆、例年10月下旬には完売となっておりますので、ご希望時期のある場合は特に、お早めのご予約お待ちしております。

posted by 星のこぐま at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) |

2014年09月09日

丹波黒 莢がつき始めました

昼間はまだまだ暑く、晴れた日には陽射しも強いですが、朝晩は気温がやや下がり秋の気配がしています。
風も少し涼しく感じられ、季節の変わり目らしくなってきました。

近くの田んぼではお米の収穫に忙しい姿が多く見られます。新米が楽しみですね。

当園の丹波黒も、じっくりと生育中です。たくさんの葉っぱに守られるように、莢がつき、だんだん大きくなってきました。まだ実が膨らむのはこれからです。
6月に種をまき、枝豆が食べられるのは10月だけです。
手間も時間もかかりますが、我が家も一家全員で毎年美味しい枝豆を楽しみにしています。

26年 丹波黒の莢

大粒の立派な実をつけ、もちもちと甘い美味しさまであともう少しです。

posted by 星のこぐま at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) |

2013年09月28日

おいしい枝豆ができました

いよいよ9月から10月へ、朝晩ぐっと気温が下がり、秋らしくなってきています。

皆様にお届けする前に、丹波篠山黒枝豆を少〜しだけ試食してみました。

2013丹波黒枝豆 試食

甘み旨みよし、これなら大丈夫!と家族でひと安心しつつ、本当に少しだけの味見なので、
お皿が一瞬で空になりました。

解禁日まであと1週間、毎日の収穫や調整作業は忙しいですが、待ちに待った時期がやってきます。

たくさんのお客様に味わっていただけるのを楽しみにしています。

すでにご予約がいっぱいになっている日もありますが、まだまだご注文お待ちしています。
posted by 星のこぐま at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) |

2013年09月07日

丹波黒の莢 成長中です

猛暑の日々から一転し雨の多い日が続いています。

昨日豆の株の葉をかき分けて撮影してみました。たくさんの葉の中に守られるように少しずつ成長しています。

2013 丹波黒の莢

これから実が膨らみ始めると獣害や虫への心配が増えてきますが、収穫までもう少し
美味しい枝豆ができますように、見守っていきます。

posted by 星のこぐま at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) |

2013年08月13日

丹波黒開花&ご予約受付中です

連日の猛暑で心配していましたが、時折の夕立もあり先週から徐々に丹波黒の花が開き始めました。
葉も株もぐんぐん大きくなってきました。

2013 丹波黒開花

先日よりご注文受付を開始し、早速ご予約をいただいております。

農業を始めまだ数年ですが、毎年「美味しかった!」と感想を頂き、今年も気合い十分で作業しています。

もうすぐ5歳の我が家の子どもも、そして私たち夫婦も!試食の日を楽しみにしています。
美味しい枝豆が出来上がるように、成長を見守っていきます。
posted by 星のこぐま at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) |

2012年10月02日

丹波黒枝豆 試しどりしました

台風には祈る思いでしたが、幸い強い風が吹いたのは短い時間でした。特に折れたりする事もなく無事でほっとしたところです。
毎日少しずつ膨らんだ実が増えているようですが、試しに1株収穫しました。

2012試し 葉付きの姿

ひと株そのままの姿です。地面に置くと実がついているのがよく見えますが、畑では葉っぱに埋もれて実はほぼ隠れています。

2012 葉を取った丹波黒枝豆

葉や茎を取り除き、取り除き…と、とても根気のいる作業が済むと、こんな姿です。
この葉取りや虫食いなどを除いてきれいにする作業に手間がかかる為、1日の出荷量が限られてきます。

2012 試し収穫

まだ平らな莢もあったのでまずまずの量ですが、一株から獲れたきれいな莢はこの位、18cmのボウルにいっぱいでした。あと数日して株全体の実がしっかり膨らんでくれば、もう少し増えてくると思います。

先日の試食は1人1莢だったので、我が家も1年ぶりにたっぷり味わいましたが、美味しくできていました!

posted by 星のこぐま at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) |

2012年09月24日

丹波篠山黒枝豆 試食

9月ももうすぐ終わり、いよいよ丹波篠山黒枝豆の美味しい10月が近づいてきました。
まだ少し膨らみかけの莢が多いですが、早くもしっかり実が大きく膨らんだ莢がありました。

2012丹波黒枝豆 膨らんだ莢

家族で1人1莢ずつ…味のチェックに3つ獲ってきました。

2012丹波黒枝豆 試食用

早速茹でて大事にいただきました。一粒食べてすぐに全員が「うん!美味い!」
あっという間に1人2粒食べて…更に収穫が待ち遠しくなってしまいました。

まだ色も鮮やかな緑色で若いですが、甘みと独特のやわらかい食感と、楽しみにしていた美味しい枝豆ができていました。
今年も美味しくできていてひと安心しつつ、まだこれから獣害や台風にヒヤヒヤする時期なので、見守っていきたいと思います。

posted by 星のこぐま at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) |

2012年09月06日

枝豆の莢がつき始めました

9月に入り朝晩は涼しく秋らしくなってきました。
毎日のように急な雨が降るので、近所では晴れ間に慌しく稲刈りをしたり、我が家もカッパ持参で甘長唐辛子など野菜の収穫をしています。

さて、楽しみな丹波黒枝豆ですが、今はまだ平らですが莢がたくさん見えるようになってきました。

2012丹波黒の莢

実が膨らんでくると獣害の心配が出てきますが、収穫の時が近づいてくると思うとワクワクしてきます。2歳の時からこの枝豆の虜の我が家の子どもももうすぐ4歳、一緒に観察しながら「まだぺっちゃんこやなぁ」と言っています。
先日からご予約の受付を開始していますが、早速ご注文をいただき始め、美味しい枝豆をお届けできるように、しっかり見守っていきたいと思います。
posted by 星のこぐま at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) |

2011年10月25日

黒豆に近づく丹波黒と花菜

10月の始めから収穫が始まり、だんだん熟してくる丹波黒ですが、枝豆としてのシーズンはもう終盤です。
始めはほんのり黒っぽい色をしていた豆の薄皮が今はこんなに黒くなり、独特の風味は日に日に増し、好きな方にはたまらない味わいのピークを迎えています。

2011熟した丹波黒

我が家では毎日、傷がついたり虫食いの疑いで取り除いた枝豆を食べていますが、やっぱり熟してきた今頃の枝豆が一番美味しい!

種をまいてから猿や鹿の害にヒヤヒヤするし、夏の暑い時期の水や土寄せの管理が大変だし、収穫の時も喜びつつ葉とりや調整でクタクタになりますが、美味しいので作るのをやめられません。
喜んでくださるお客様以上に、自分たちが食べたくて作っています(笑)

これから篠山市内の畑では年末の黒豆収穫に向けての作業に変わっていきますが、当園の丹波黒は
今年他の作物の都合で手に負える分少なめに作っていた事もあり、ほぼ無くなってしまいました。
黒豆も期待してくださっていたお客様、すみません。
今年は予想以上にたくさんのご注文をいただき、シーズン中に注文受付ストップという状態に
なってしまいましたので、来年は頑張ってもう少し多めに作ります。ぜひ来年もたくさんの皆様に
食べていただけますように、頑張りますので待っていてくださいね。

さて、畑では原木しいたけよりひと足先に、花菜(菜の花)の収穫が始まりました。
今年は特に早めに作付したので、例年より半月近く早いのですが、まずまず順調につぼみを
つけています。

2011菜の花

馴染みのない方も多いかもしれませんが、お浸しや和え物だけでなく、いろいろな料理に使えるんです。春頃によくテレビでおしゃれにパスタの彩りに使われているのを見たりしますが、11月頃から収穫できるので、お鍋にもお味噌汁にも、おでんにも合うんです。
葉っぱも食べられ、ボリュームもたっぷりでビタミンやカルシウムなどの栄養がバランスよく
含まれている野菜です。もう少ししたら販売も開始しますので、ぜひお楽しみに。

posted by 星のこぐま at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) |

2011年10月05日

シンプルに旨い!

本日10月5日は丹波篠山黒枝豆の販売解禁日という事で、早速我が家でも少し試食してみました。
茹でたてを一粒食べてみると、旨い!
今年は生育が少し遅めなようで、既に膨らんでいる実とまだこれからの実の差が大きいですが、味はバッチリ美味しくなっています。ご注文を頂いている皆様にお届けできるまで、もう少し見守りたいと思います。

2011丹波黒枝豆 茹でたて

posted by 星のこぐま at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) |

2011年09月23日

秋らしく

朝晩はすっかり寒い位になり、季節の移り変わりが感じられます。
雨が続いた後に台風の雨も加わり、近くのダムの水も満水になる程でしたが、幸い大きな被害は無く、ようやく秋晴れの空にほっとした1日でした。

畑の丹波黒は少しづつ成長し、実が膨らみ始めています。

2011少し膨らむ丹波黒

畑の水分が多い位ですが、倒れることなく成長しているようです。
美味しい枝豆になるまで、もう少しお待ちくださいね。

今日は晴れのうちにと慌てて布団を干して夏物を片付けました。1日の気温差で作物は美味しくなりますが、私たちは体調を崩さぬように注意が必要です…。

posted by 星のこぐま at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) |

2011年09月08日

少しの被害

篠山ではいよいよ稲刈りもあちこちでスタートしました。
台風で大変な被害が出た地域を思えば、この位何ともないなぁ、と倒れたり傾いた稲を見てご近所の方が言っておられました。

我が家の畑でも甘長唐辛子やネギが倒れたり、丹波黒も一部折れたり傾いたものがありましたが、被害は少しで済みました。
私自身も阪神大震災を経験していますし、主人の実家も水害による浸水を経験していますが、今年は特に水による災害が多く、被害に遭われた地域を思うと、自分たちはまだまだ大丈夫だから頑張らなければと思います。

2011傾いた枝
傾いた枝にさやがびっしりついていました。もったいないですが、仕方ないですね…。

2011丹波黒のさや

お盆の少し前頃がら順に花が咲き始め、葉をかき分けるとまだ平らながら莢がちゃんとできていました。今年は開花時期以降夕立や雨が多く、花はよくついたようです。

2011丹波黒のさや2

今はまだ私の指と同じ5cm位で平らな莢ですが、これからしっかり大きな実が入ってくれるよう、祈るばかりです。
posted by 星のこぐま at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) |

2010年11月26日

しいたけ&なめこ写真集

先週は小さなマッシュルーム位だったしいたけたち、1週間でだいぶ大きくなってきました。
現在おおむね6cm位のものがにょきにょき、更にジャンボなしいたけに成長するまでじっくり待っているところです。

しいたけ20101126

今年も”3つ子ちゃん”も発生中です。

3つ子しいたけ2010

そして先週ちょこっと木から出てきたなぁというサイズだったなめこも、ど〜んと発生中です。

なめこ2010

ほだ木の隙間に連なるように出てきています。つるんとしていてきれいな色です。
ゴミを取るのに少し手間がかかりますが、ぬめりと歯ごたえがあり美味しいですよ。

なめこ2010 その2

posted by 星のこぐま at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) |

2010年11月19日

ジャンボしいたけ もうすぐです

11月も終わりに近づき、こちら丹波篠山は朝晩の寒さが日ごとにはっきりとし、朝霧で真っ白になったり、霜のおりる日も増えてきました。
そしていよいよ、原木栽培ジャンボしいたけのシーズンがやってきました。
昨年度は不作となりましたが、今年は10月頃から雨が適度に降り、気温も下がってまずまずの発生量の見込みです。
今はまだ私の親指ほど、少し小さいマッシュルームのようなサイズですが、原木からにょきにょきと顔を出しています。

2010しいたけ発生始まる

始めは1cmほどのしいたけが、大きいものでは傘の直径が10cmほどになります。
当園のしいたけは山形や京都で育てられたコナラやサクラの原木に、一つ一つ穴を開け植菌しています。それから丹波篠山の自然の中でじっくり育ち、香りがよく肉厚で食べ応えのあるしいたけができあがります。ジャンボしいたけという品種で、寒い時期を好み、当園では1年のうちおおむね11月末〜3月末頃までの限定販売です。農薬も一切使用せず、もちろん純国産の手作りです。

今日は一つだけ、少し大きく6cmほどになっているものがありました。

2010初物しいたけ

原木に菌がなじんでくると、木のいろいろな部分から発生してきます。
写真のように傘が原木の下敷きになるように生えると、丸いきれいな形にはならず、木にくっついたてっぺんのところは黒い色になってしまいます。


手に持つとこんな感じです。
2010初物しいたけ試食

6cmほどというと、お店で4つ位入りのパックで見かけるもののサイズと同じような感じでしょうか。
ジャンボしいたけとしては、まだまだ小さなサイズです。

初物の試食はやっぱりシンプルに!という事で、網焼きにして塩と少しだけお醤油をたらしていただきました。1つしか無かったので、夫婦で半分ずつです。ジュワっと美味しいお汁をたっぷり含んでいるので、一口で食べると、うまい!思わず言ってしまいました!
厚みがあるので焼くと少し時間がかかりますが、こんなに食べ応えがあって美味しいしいたけはめったにないと思っています。

もう少し大きくなってきたら、商品のご予約受付を開始します。どうぞお楽しみにしていてくださいね。









posted by 星のこぐま at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) |

2010年10月04日

異常気象

この夏は昨年以上に暑くなりました。
今後もこのような異常気象が続くのかもしれません。

今の時期は主に黒枝豆とネギを栽培していますが、この異常気象で大きな被害を受けています。
高温・少雨の条件が続くと作物の成長が抑制され、実着きが悪くなったり最悪の場合、水不足により枯れてしまったりすることもあります。
作物だけでなく畦の雑草ですらこの暑さで枯れかけてしまたものもあります。

病害虫も多発し減農薬栽培では抑えきれないほどになりました。
さらには、山の食べ物も少ないためか、サルやシカ、カラス、野ねずみ、たぬき、などなど様々な動物による食害が発生しています。

人為的に水を管理したり、遮光したりすることも今後は必要になりそうです。また、長い目でみると異常気象に適応できる品種を育てていくことや動物が人里に下りてこないよう山の手入れなどが今後の重要な課題になるのかもしれません。
posted by 星のこぐま at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) |

2009年11月29日

なめこも順調です

09年 なめこ発生

さくらの木に植えておいたなめこが、だんだん発生を始めました。
写真ではわかりにくいかもしれませんが、表面はつやつやしていて、触ると独特のぬめりがあります。
地面に近い場所で、じめじめした状態を好むので木や草などゴミがつき、洗うのに少し手間がかかりますが、顔を近づけるととってもいい香りの秋の味覚です。

早速お味噌汁にしていただきました。
とろみがお汁に移り、また食感もコリコリして独特です。

量が少ないので、しいたけと一緒のセット販売を予定しています。
後ほど商品ページに掲載します。

posted by 星のこぐま at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) |

2009年11月26日

黒豆と干ししいたけ作り

10月に枝豆として若さやを食べていただいた丹波黒は、だんだん熟し、さやも実も黒くなってきました。
お正月のおせち料理には欠かせない黒豆。
篠山では、年末に向けて 刈りとった丹波黒を逆さにして干す姿があちこちで見られます。
丹波黒 乾燥中

当園でも黒く熟したものから順に干して乾燥させています。
多くの場合、外で予備乾燥後に機械ですばやく仕上げ乾燥をするので、年末に十分間に合いますが、我が家には機械がありません。

当然天日乾燥になり、時間がかかりますが、何とか年末までにお届けできるよう、工夫してみます。

そしてもう一つ、こちらは干ししいたけです。
干ししいたけ

今年は適度に雨は降るものの、暖かい日が多くまだまだ数が少ないので、少しずつ干しています。
軸を取り、細かい網目のカゴの中で、自然乾燥です。
こちらも現在では機械で乾燥させたり、仕上げのみ天日乾燥のものが多く出回っています。
時間も手間もかかるのですが、ゆっくりじっくり自然に乾燥する間にぎゅ〜っと旨味や栄養が増します。
香りもとってもいいですよ。
料理にサッと使えるスライスタイプも作っていきますので、ご贈答にもご家庭にも、ぜひお試しください。

posted by 星のこぐま at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) |