2017年06月21日

夏野菜は収穫間近 丹波黒は定植の時期です

2週間ぶりに雨が降りました。5、6月と、夏野菜の定植後に雨がほとんど降らず、連日晴れて土がカラカラに乾く〜週に一度通り雨があるかどうか、、という天候の繰り返しでした。
野菜はマルチを張った畝に植えているので、何とか枯れる事はありませんが、成長はややゆっくり、高温続きで心配な日々が続いています。

そんな中でも、日に日に成長が見られます。昨日の畑の様子です。

ミニトマトアイコは、もうすぐ丈150cm程になります。一番下の実が色づきはじめたものがチラホラと出てきました。もうすぐ次々と赤くなります。
29年アイコ色づきはじめ


スイートコーンは受粉時期真っ最中です。
29年スイートコーン穂
葉をかき分けるようにのぞくと、白いひげがたくさん出ています。風をうけて花粉が舞っています。
一粒一粒、美味しくなれと、当園の子どもたちが一番楽しみにしている野菜です。
29年スイートコーンひげ


こちらは白いカボチャです。堆肥等を工夫したところ、昨年の1.5倍の大きさになりました。
直径はほぼ2m、こんもりと大きな丸い山のように茎葉を伸ばしています。
29年プチホワイトの株
株の真ん中には次々大きな花が咲き、実をつけ始めました。
昨日試食すると、バッチリ美味しくなっていました!
29年プチホワイトの実


ゴーヤも間もなく食べられそうです。写真のものはまだ10cm位ですが、今日の雨でまたぐっと成長してくれそうです。
29年ゴーヤの実


伏見甘長唐辛子です。一番果はもう収穫時期です。来週末には、どんどん収穫できそうです。
揚げ浸しは我が家の夏の定番メニューです。素焼きは大人向けの味ですが、揚げると子どもでも食べやすく、毎年作って!とリクエストしてくれるほどです。
29年伏見甘長


ズッキーニも花から実へと毎日成長します。油断すると巨大な実になっていますが、少し大きいものでもやわらかく美味しく食べています。スライスしてサラダに、トマトベースのメニューにも、いろいろな料理に使っています。
29年ズッキーニの実


丹波黒の苗は、あと数日で定植します。どの野菜よりも栽培期間が長く、収穫時にもとても手間がかかりますが、美味しすぎてやめられません。枝豆も、黒豆も大好きです。
毎年楽しみにしていたよ!と言って頂く皆様へ、今年も無事にお届けできるよう、さぁこれから!
篠山市内では豆の苗を植える姿があちこちで見られる季節をむかえています。
29年丹波黒の苗




















posted by 星のこぐま at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180113256
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック