2016年12月02日

丹波篠山黒豆 乾燥中です

いよいよ師走に入り、慌ただしさが増すような季節です。
丹波黒は、10月の枝豆のあと、11月に葉を除いたり、刈取りをします。
現在はビニールハウスの中に移し、ゆっくりと自然乾燥中です。
写真では大きくぷっくりしていますが、まだ水分量が多めです。まだまだ乾燥させていき、保存できるようにしていきます。

28年丹波篠山黒豆 乾燥中

莢いっぱいの生の状態から、少しずつ小さくなりますが、粒の中にはぎゅっと栄養がつまった大豆になります。
間もなく、脱粒作業を始めます。皆様のもとへお届けするまでには、まだまだ選別作業等ありますが、お正月を迎える一品として、丹波篠山の美味しい黒豆をどうぞ味わってみてくださいね。
posted by 星のこぐま at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) |

2016年10月06日

茶色い枝豆は当たりです

篠山市内は、いよいよ丹波篠山黒枝豆のシーズンに突入です。解禁日からイベントや、道端での販売のテントがあちこちに出始めました。今週末はお天気がいまいちの予報ですが、当園も販売を予定しています。
作業の都合で不定休ですが、お近くの方はぜひに。篠山市のホームページにある販売店一覧の中に位置を掲載いただいています。

今週末頃より、ご予約頂いている皆様へ順次発送いたします。
下の写真は、我が家で「当たり」と呼んでいる茶斑の出ている莢です。
見た目が悪いと思われがちですが、丹波黒本来の品種の特性で、品種改良されていない在来種である証拠です。
28年丹波篠山黒枝豆の茶色い莢

毎年10月になると毎日枝豆を食べる我が家ですが、この茶斑のある莢が特に風味が強く美味しいのです。
最近の品種ではこのシミのような模様が出ないように改良されたものもあるそうですが、篠山市内では昔からの系統を引き継ぐ種子が大切にされています。
ただ、同じ篠山市内の中でも、地域や生産者ごとに味に差があります。
10月のうちでも、上旬からだんだんと風味が強くなり、黒豆に近づいていきます。
1日に作業できる量が限られており、月末までには完売となる事が多いので、ぜひお早めのご注文をお待ちしております。
posted by 星のこぐま at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) |

2016年09月30日

丹波篠山黒枝豆 試食

夏野菜も終盤の時期になり、いよいよ明日から10月です。
大雨や日照不足の続く中、なかなか作業が進まない秋冬野菜の播種や定植にも追われつつ、間もなく始まる丹波篠山黒枝豆の収穫に向けて準備しています。

篠山での解禁日は10月5日ですが、上旬のうちはまだ莢が薄く十分に膨らんでいない実も多いです。
今日9月30日時点での試し掘りした株の写真です。
もう食べられる位に膨らんでいる莢もありますが、平らな莢もまだまだあります。

28年丹波篠山黒枝豆9/30

今のところ莢への虫害も少なく、莢の数もまずまずのようです。待ちきれない当園の子どもたち、いえ、大人も手を次々のばし、試食しました。「まめ!まめ!」数年前の上の子と同じ言い方で、下の子が言っています。今年もちゃんと風味が出てきています。

今年も楽しみ!とご予約いただいている皆様へ、美味しい枝豆をお届けできるよう、
味についてはひとまず安心ですが、先日からの大雨でまだまだ水分が多いところへ今もまた雨が降り、来週には台風の影響も、、、雨が降らないのも困りますが、降りすぎるのもまた困りもの。自然の中では、無事であるように願う日々が続きそうです。

posted by 星のこぐま at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) |

2016年08月21日

丹波黒は順調に開花しています

連日の猛暑日、1ヶ月近くほぼ雨が無く、心配していたところ、先週からようやく雨で畑の丹波黒にも水の恵みがありました。順に開花し、小さな花が咲いています。

株はもう腰の高さまで大きくなり、葉がたくさん山のように広がっていますが、花は中に隠れるように、小さく咲いています。少しわかりにくいですが、薄紫色の花が次々開花しています。

28年丹波黒開花

この時期に篠山を通られると、田んぼの稲穂と共に、葉がいっぱいに広がった丹波黒の豆畑があちこちに広がっています。これから収穫を迎える10月までに、台風等、まだまだ心配はつきませんが、無事に育っていくよう、見守ってまいります。

img261.jpg



posted by 星のこぐま at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) |

2016年07月06日

ハラペーニョ&フルーツパプリカの肉詰め

先週までとは一転して猛暑日の連続の篠山です。畑どころか、家でじっとしていても暑さでのびてしまいそうです。。。

そんな時には辛いものがピッタリ。大人はハラペーニョ、子どもは青いうちでも食べやすいフルーツパプリカで肉詰めを作りました。

ハラペーニョの肉詰め

辛いものが好きな方には種やわたごとピクルス等で人気のようですが、我が家はそこそこの辛さで十分なので、果肉のみです。子ども向けのついででチーズもトッピングしています。
じわっと辛くなりますが、後にはずっとは残らず、今年初めて食べてすっかり虜になっています。

ただし、指先等に小さな傷一つでもあれば、調理には手袋が必須です。ヒリヒリと、我慢できなくはないけど冷やさないと何もできない状態、、、がしばらく続きます。
先日急いでサッと素手で種を取ったりした後、何か痛いかも、、、と気づいた時には遅く、しばらく冷やしながら袋詰め作業をするはめになってしまいました。

フルーツパプリカの肉詰め

こちらはフルーツパプリカです。熟すと赤やオレンジになりますが、まだ青い実で数が多い為に、摘果したものです。といっても青いうちから子どもでも喜んで食べてくれる味です。ピーマンのような苦みも無く、トマト型のかわいらしい形で、熟したものと青いものを使えばカラフルに飾ったりできます。

我が家の子どもたちも完食してくれましたが、やっぱり一番好きなのはトウモロコシのようです。
上の子はもちろん、遊び食べ真っ盛りの下の子も、大好物で、黙々と夢中で食べます。
甘い甘いスーパースイートコーン「おおもの」は今だけの美味しさです。ぜひ味わってみてください。

posted by 星のこぐま at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2016年07月04日

シロウリの浅漬け ホワイトカボチャと甘長唐辛子炒め

夏野菜がどんどん収穫期に入りはじめました。毎日汗だくで作業しています。

夏だけの美味しい一品、シロウリの浅漬けです。縦に切って種を取り適当な厚みにして、簡単に保存袋に入れてもみこむだけですが。。。

シロウリの浅漬け

京都にてシロウリの浅漬けを知った時、何と食感がよく美味しいものを知らなかったんだろうと驚き、食べたくて毎年栽培するようになりました。加熱しても美味しいので、お肉と一緒に炒めたりもしています。


ホワイトカボチャと甘長炒め

こちらはホワイトカボチャと甘長唐辛子と鶏肉の炒め物です。いつも通り、我が家の小さい子ども向けに具材は細かめに切ってあります。アイボリーという感じの白いカボチャで、カボチャとズッキーニの間のような風味です。ソテーして味噌ベースのソースを合わせたりして食べると美味しいです。

現在5種類程の野菜を収穫しており、単品商品のみ販売開始しています。
もう少しでミニトマト・ミディトマトが増えてきそうなので、野菜セット販売も開始予定です。
辛さがクセになるハラペーニョなど、少し変わったものも入ったセットですので、どうぞお楽しみに。




posted by 星のこぐま at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2016年07月03日

スーパースイートコーン 美味しくなりました

先日からひげも茶色くなり、姿も立派になっていたトウモロコシですが、糖度の伸びがジワジワ上がっているところでした。つい3日前の試食では糖度14〜15度、それでも甘さはありましたが、この「おおもの」品種は平均20度という事で、甘〜くなるのを我が家も待ちわびていました。

本日のサンプルで計測し、写真の通り、バッチリ!
28年おおもの 糖度

先日知ったくまモンの糖度計です。10年近く前に熊本に行き、きれいな景色や美味しいものがたくさんあったのが懐かしく、微力ながら支援になればと思って使用しています。

今日は焼きトウモロコシにして食べました。子どもも大喜びの甘さです。

28年 焼きとうもろこし


posted by 星のこぐま at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) |

2016年06月23日

伏見甘長唐辛子の揚げ浸し オイスター炒め

我が家の伏見甘長唐辛子メニューのNo.1、揚げ浸しです。

作り方はとても簡単!サッと素揚げしてめんつゆ・かつおぶしと合わせるだけ。
新鮮なので油ハネには注意なのですが、中華鍋に少なめに油を入れて、焦げないようにやや弱めの火で素揚げします。夏場は我が家でほぼ毎日食べています。まとめて作って冷蔵庫で冷たくしておくと、暑い中帰った時のお昼ご飯に最高です。

28年 伏見甘長の揚げ浸し


こちらも簡単、豚のこま切れ・人参と一緒に炒めるだけのオイスター炒めです。
子どもが食べやすいので、少し細かく切ってあります。大人向けにはもっと大きいカットでOKです。

28年 伏見甘長のオイスター炒め

商品に入るのはほぼまっすぐのものですが、我が家で食べるのは、写真のようなもったいない野菜です。
くるりんと、かなり巻いています。もっと巻いて、ドーナツのようなものもたくさん。規格外野菜たっぷり、いつも時短の簡単メニューです。

28年 くるくる甘長

カレー、チャーハン、ピザ、我が家では何にでも入っています。
美味しくて栄養たっぷりの野菜なので、たくさんの方に食べていただきたいです!







posted by 星のこぐま at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ

2016年06月21日

変わった野菜も実験中です

今年から本格的に野菜セットの販売を開始いたします。
毎年何か新しい野菜を試験栽培していますが、今年初めて栽培の野菜を紹介します。


ハラペーニョの花はいつも作っている甘長唐辛子の花そっくりです。実がつき始め、2cm位になってきました。辛いけどクセになる味、、、ちょっとドキドキながら楽しみです。

28年ハラペーニョの実と花



こちらはホワイトカボチャの株です。姿だけ見るとズッキーニです。

28年ホワイトカボチャの株


小さな毛がたくさんのチクチクした葉に囲まれ、大きな花が咲いています。写真ではわかりづらいですが、私の手の平いっぱいほどの大きな花です。

28年ホワイトカボチャの花



フルーツパプリカも実をつけ始めました。トマト型で赤やオレンジのカラフルな実になりますが、緑色の時でもピーマンのような苦みが無く、子どもたちも大好きな野菜です。

28年フルーツパプリカ



ゴーヤも花ざかりです。小さな実もちらほらと。今年は緑と白の2色栽培しています。色や風味の違いはどうかなぁと楽しみにしています。夏バテ防止にもってこいなので、既に暑い毎日、早く大きくなってねと願いながら観察しています。

28年ゴーヤの花









posted by 星のこぐま at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) |

2016年06月18日

夏野菜の収穫が近づいてきました

畑の野菜は毎日ぐんぐん成長しています。今年は雨もしっかり降り、陽射しも強く感じられる日が多く、例年よりスピードが早いようです。

28年スイートコーン畑

スイートコーン畑です。株の高さはあっという間に2mを越えています。受粉の途中なので、近づくと頭の上から花粉が舞ってきます。


28年スイートコーンの実

実も少しずつ太りはじめ、よく見るとひげの先が茶色に変わり始めています。



28年伏見甘長唐辛子

こちらは伏見甘長唐辛子です。10月頃まで次々に開花し、実がなります。写真のように初めのものはもう長さ10cm以上なので収穫時期ですが、誘引や整枝作業に追われて来週から収穫予定です。



28年ミニトマトアイコ

ミニトマト アイコもたくさん実をつけ、赤く色づくのが楽しみです。黄色もあります。こちらも枝をびっしり伸ばして、もう高さ2m近くまであり、横に立つと一面緑の壁のようです。



28年シンディースイート

ミディトマトのシンディースイートです。ポンポンと丸い実がたくさんついています。ちょっと大きな飴玉のような見た目です。こちらは赤とオレンジの2色の実がなる予定です。


毎日暑い日々ですが、今日は特に暑く、、、作業から帰るとシャワーに直行でした。
子どもたちもお風呂場で水遊びしながら汗を流しました。まだまだ暑さに負けず頑張ります。












posted by 星のこぐま at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) |